アパート経営に不向きなオーナーとは?

ミズケンコラム第一回目は「アパート経営に不向きなオーナーとは?」をテーマにお送りします。アパート経営で順調に収益を伸ばしているオーナーがいる傍ら、最初から失敗してしまうオーナーもいます。

どこでそのような差が生まれてしまうのでしょうか?

今回はそんな「アパート経営に不向きなオーナー」の特徴についてお話しします。

あなたは当てはまっていないですか?

a. ギャンブル感覚

アパート経営は立派な事業で決してギャンブルではありません。他人の投資話で成功した話を聞いて安易に「自分も簡単にできるのでは?」と思ってしまう方は、黄色信号です。

仮に自己資金が少ない場合は、少しの空室で赤字になることもあります。空室を埋めるために家賃を下げることも考えられます。

そんな時に自己資金比率は重要なファクターとなります。

先走らず、冷静な判断が都度求められるのがアパート経営なのです。

b. 安物ばかりに手を出してしまう

ビギナーの方でやってしまいがちなのが「お買い得な物件」ばかりを探してしまう事です。

しかし「優良物件で安い」ということは不動産ではまずないと考えます。

安い物件には何かしらのマイナスファクターが隠れているものです。

例えば

・地盤に問題がある

・交通の便が悪い

etc

そのようなアパートは「半分も入居していない」なんてことにもなりかねません。

むしろリスクを避けたいのならば安物に手を出さない方が良いという事になります。

c. 手に入れたらそこで満足してしまう

アパートは定期的に壁や屋根の補修、エアコン、給湯器などの住設機器の更新といった出費が度々必要になることがあります。

経年劣化というものです。

これらの対応を怠ると、建物の価値は下がり入居率の悪化や家賃の引き下げといったことにつながりかねません。

とても深刻な問題に発展してしまう可能性が高いのです。

このような事態を招かないためにも、毎月一定の金額を経年劣化用に積み立て、アパートの価値を常に維持していくことが必要不可欠です。

購入したアパートを手に入れた時点で満足して放ったらかしにしてしまうと、建物の劣化がどんどん進んで結果的に収益を悪化させることになります。

長期安定経営を実現させるには、購入後も継続的な投資と維持管理をしていくことが重要と言えます。

d. 完全に人任せ

業者にとって「あまり口を出さないやりやすいオーナー」になってしまうと、足元をすくわれるリスクが出てきます。

最初は皆さんビギナーですので難しい面もありますが、自らが知識を身に着け、疑問点があれば業者に指摘できるようにならなければなりません。

業者とオーナー間に良い意味での緊張感を持たせ、怠慢やごまかしの出来ない、誠実な仕事をしてもらえる環境づくりが重要です。

「業者にすべてお任せ」といって、不動産会社や管理会社に何でも丸投げしてしまうのは経営者としての責任を放棄することに繋がりかねません。

「不動産オーナー」=「資産家」として、経営には関与しないと思われがちですが、アパートオーナーは経営者として常に委託業者に仕事をしてもらうように働きかけなくてはなりません。

まとめ

今回のミズケンコラムはアパート経営に不向きなオーナーの特徴についてお話しました。
上記に当てはまってしまっている方も居たのではないでしょうか?

しかし悲観しなくても大丈夫です。

今回のコラムをきっかけにオーナーとして必要なことをしっかりと認識していけば良いアパート経営が可能になります。


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ