アパートローンと住宅ローンの併用は可能!?アパートローン利用の注意点を解説(後編)|名古屋市|アパート経営|フィリックス

アパートローンと住宅ローンの併用は可能!?アパートローン利用の注意点を解説(後編)

ba8113c4b064595dbd7347787c0a5b51_s

土地の購入資金は関係ない!?

逆に土地の購入資金からローンを貸し出す金融機関は少ないのが現状です。
例えば、郊外の土地にアパートを建てたとしても、賃料が低く収益性が高いとは言えません。
そのため土地の購入代金から借入を行ってしまうと、採算が合わなくなってしまうのです。
5793bf0cdbf8a00e11e511e467da47b5_s

アパートローンの特徴

一般的に、アパートローンは借りやすいと言われています。
しかしながら、金利が住宅ローンと比較して高いのが基本です。
ただし、本人の資産状況によって金利は上下します。仮に大地主の人であれば、住宅ローン並みの金利で借りることが可能です。
また、アパートロンの借入期間は建物の耐用年数を限度としているため、短めに設定されます。
98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

アパートローン利用の注意点

アパートローンの場合、住宅ローンよりも金利が高かったり、借入期間が短かったりします。
そのため、安易にアパートローン利用を考えるのは得策ではありません。
とは言っても、これらのデメリットをしっかりと理解していれば大きく不安に感じることも少なくなるでしょう。

まとめ

住宅ローンを返済中でも、アパートローンを借りることは可能です。
ただし、住宅ローンとは異なり、アパートローンは金利や借入期間においてデメリットも多く挙げられます。
そのため、管理費用や税金によるマイナスの要素も含めた総合的な事業計画が必要です。
リスクを考えた上で、ご利用は計画的に行いましょう。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ