アパートの種類とはどんなものがあるの?(中編)|名古屋市|アパート経営|フィリックス

アパートの種類とはどんなものがあるの?(中編)

00afbbbcfd935e4aced693a8bc490d5d_s

鉄骨造アパート

アパートの構造で木造の次に多いのが、鉄骨造です。
大別すると、軽量鉄骨造と重量鉄骨造の2つがあります。

鉄骨造の一つ目のメリットは安定した精度・品質です。鉄骨はある程度、工場で部品のように生産してしまうので、職人の腕に左右されません。

二つ目のメリットは、耐久性です。
耐久性を重視するアパートならば鉄骨造での建築が良いでしょう。 だだし強固な地盤が必要なぶん基礎工事のコストも上がります。
鉄骨造は火に強いイメージを持たれるかもしれませんが、 燃えなくとも高熱で溶けて曲がってしまうので耐火皮膜となる部材を必ず挿入しなくてはなりません。
af231d1c7a45dafc9d5985965cbf822a_s

RC造

前途の二つとは別に「RC造」と呼ばれる鉄筋コンクリート造もあります。 これは型枠の中にコンクリートを流し、そこに鉄筋を加えていく工法になります。
 鉄筋とコンクリート、お互いの弱い部分をカバーしあった工法となり構造体が強くなり、火災時の鉄筋の弱さもコンクリートがカバーします。

木造では構造上維持できないような間取りが作れたりする自由度がメリットですが、 その一方で鉄骨造と同様に強固な地盤が必要なため、地盤によっては建てられないケースがあったり、建設コストが上がってしまうというデメリットもあります。

アパートの種類とはどんなものがあるの?(後編)へ続く


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ